RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

住まいづくり研究室 ニュースと日記

住まいや建築に関することで、私が日々考えることを綴っていきます。
<< いよいよ住宅版エコポイント開始 | main |
予算オーバーの新国立競技場
久しぶりの投稿となります。

ラグビー国際大会とオリンピックの為に、新国立競技場が新しく建設される予定であるのは皆さん承知のことでしょう。
予算オーバーや東京都の負担問題などで話題になっていますが、
それ以前に計画自体の内容がひどすぎる状態なので、思わず投稿しました。

まず、今回新しく建築される新国立競技場のコンペを開催した時点の予算は1300億円でした。
まともな建築家であれば、この予算の中で実現可能な範囲で計画して応募するはずです。
日本の有名建築家も次選などで選ばれていましたし、こちらを選んでいれば今回のように予算を大きく超えることはなかったはずです。

そのコンペの応募案の中から外国の著名建築家を最優秀として選んだのですが、基本設計の時点で予算を大幅に上回ることが発覚。
この時に規模を2割ほど削減して、1600億円の予算に変更して基本計画案としています。
この予算変更は、震災復興とオリンピック特需による建設費の高騰を考慮しての物でした。
実際、当時の建築費の高騰分と規模の縮小を考えると、この時点で現在でも通用する建築費用の高騰分は計算された結果のはずです。

そして現在、予算1600億円(これはあくまで基本設計時で、一番初めのコンペの予算ではありません)から建設費用2500億円に増加しました。
この説明で政府(官僚)は建設費用の高騰を理由にしていますが、コンペの時点から考えると、すでに高騰分は計算済みのはず。(基本設計時と現在の建築費はほとんど変わっていません)
つまり、1600億円から2500億円に900億円(本来は1300億円から2500億円ですから1200億円増とほとんど倍額)も増加した理由の主な要因は、コンペ計画の予算オーバーがほとんどすべてということなのです。

民間の建物であれば、この時点で契約不履行で契約破棄できる位の大きな予算オーバーといえます。
コンペで選ばれたのが日本人であれば簡単に計画を変更できたはず(官僚たちは日本人には厳しいですからね・・・)。
しかし今回の最優秀賞は外国の建築家、今の日本の政府や官僚では変える勇気がないようです。

そこで建築費高騰を予算オーバーの理由としてごまかし、さらに計画を確定(7月7日に)した後に東京都に費用負担を要求するとは、如何なる非常識でしょうか。
まあ現実としては新国立競技場及びその周辺で得られる利益は、主に東京都に還元されるのでしょうが、関係浅い他の地域では国税の無駄遣いにしか感じられません。

大きな大会では必須となるサブトラックも恒久的なものは無くオリンピック後には使いにくくなるはずの競技場に加え、コンサートを年少ない回数開催しても確実に赤字になる見込みの非常に高額な屋根をオリンピック後に作るというバブル的志向も残ったまま。
このような計画を世論の反対が8割あってもゴリ押しする日本の政治や官僚は、日本の将来や自身の息子や孫の代のことをどのように考えているのでしょうか。

元々コンパクトなオリンピックがコンセプトなのに、この肥大化した新国立競技場の計画には違和感しか感じられません。
すでに手遅れなのかもしれませんが、日本に住む人のことを本気で考え、外国の考えや面目の為ではなく、日本国民の為に行動できる政治家や官僚の出現を切望するところです。
| 建築一般 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.ie-erabi.com/trackback/1200776