RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

住まいづくり研究室 ニュースと日記

住まいや建築に関することで、私が日々考えることを綴っていきます。
<< TOTOのウォシュレットが発火 即急な対策の提案 | main | いまだ混乱中の改正建築基準法の運用 >>
6月20日改正基準法の運用開始
去る6月20日に、耐震偽装事件を受けて改正された建築基準法が施行されました。
大まかな内容は、大型建築物の構造計算のチェックを2重に行うことと、建築確認申請での提出後の修正を原則認めないという点でした。

構造計算のチェックについては、構造計算の考え方もチェックできる形になったので有効だと思われます。

しかし、確認申請後の訂正を受け付けないという改正は、ちょっと大きな建物になると実現が困難なのです。
ちょっとした計算ミスのみは認められるということになっていますが、多数(数箇所以上)の間違いや図面内容の修正は認められないのです。

確かに、確認申請時点で完璧にしておくことは大切です。
しかし、現行の基準法には、容易に判断できない部分や理解が困難な部分も多いので、確認申請前に法規に完全に適合させることが不可能な場合も多いのです。

しかも現行の法規では規定されていない項目も多く、内規と呼ばれる公表されていない基準も存在しているのです。
その上、法規の細かい部分は毎月、ほぼ確実に追加訂正されているのです。

このような現状で確認申請時に完全な図面をそろえることは、まず不可能なのです。

しかもこの確認申請の運用方法は、国で決めた規定はなく、各地方自治体に任せきりなのです。
運用方法がなく、ほとんど実現不可能な法規を作る立法機関の姿勢にはあきれるばかりです。

現状では、確認を受付ける前に全てのチェックを行うことで対応している確認機関が多いようです。

教育関係の官僚を現場で実習させる試みが始められたようですが、建築関係でも現場での実習が必要なようです。
(というか、せっかく教育関係で行う事になったことを他の分野でもやろうと思わないところが、さすが役人さんですね。)
| 建築一般 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.ie-erabi.com/trackback/593361