RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

住まいづくり研究室 ニュースと日記

住まいや建築に関することで、私が日々考えることを綴っていきます。
<< いまだ混乱中の改正建築基準法の運用 | main | 耐震偽装たびたび >>
耐震補強の勧め
近年、日本で大きな地震が多くなっています。
最近10年の間に、死亡者が出た大地震が7回起きています。
しかも、近年内の発生が予想されている関東付近の大地震は、まだ起きていないのです。

さらに、今まで予想されていなかった場所での大地震も起こっています。
つまり、日本のどこで大地震が起きてもおかしくない状況だということです。

大地震の際に死なない為には、住まいの耐震性能を向上することが効果が高いのです。
起きていれば、地震が起こっても対応が素早くできますが、住まいで寝ている間に大地震が起きると対応できないケースが多くなる為、危険が増すのです。

そこで住まいを、地震の際に倒壊しないように補強することが大切となるのです。
耐震補強は、現在お住まいの住まいを調査し、補強が必要と判定されたら、強度が不足している場所に応じて補強することになります。

しかし、耐震補強に関しては、悪徳業者の存在もあって、実際に依頼する場合には依頼先をしっかり選ぶことが大切です。

では、どうすれば、しっかりした耐震補強が出来るのでしょう。
まず、各市区町村で、耐震補強に対する補助や融資が行われているかどうか、調べます。
補助や融資が行われていれば、その制度を利用することです。

各市区町村で補助や融資を受ける為には、しっかりした書類を揃える必要があるので、確かな耐震補強が期待できるのです。

各市区町村で補助や融資が行われていない場合には、住宅金融支援機構が提供しているリフォーム融資の中の耐震補強を利用しましょう。
こちらも確かな調査や書類が必要なので、かな耐震補強が期待できます。

現金で耐震補強を行いたい場合は、各都道府県の建築士会に相談するのもいいでしょう。
建築士でないと入れない団体ですから、信頼できます。

耐震改修の概要や診断方法をサイトでまとめています。
耐震改修のチェックポイント
| 住宅 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.ie-erabi.com/trackback/681086